ポケモンGOの最新情報をチェック!Pokemon GO Plusって・・・?

ポケモンGO 最新情報




みなさまこんにちは!管理人のポケマニです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

 

『ついに今年2016年にポケモンGOが登場するぞ~~!!』

 

ついに2016年になりました!今年は『ポケモンGO』がリリースされます!

2015年9月に『ポケモンGO』の発表から新情報が中々出てきません!

そこでいろいろなところを探って最新情報を探していきますよ~!

現在までに確認できている関連情報!!

まずは、2015年中に流れた『ポケモンGO』に関係する情報を整理してみましょう!

①2015年9月10日:新作『ポケモンGO』発表及びPV公開

②2015年10月16日:任天堂、『ポケモンGO』開発元Niantic Labsに約24億円の出資
(URL:http://www.nianticlabs.com/news/index.html)

③2015年10月22日:任天堂の特許に位置情報とゲームをリンクさせる発明の公開
図1 特許に付属した図面
ポケモンGO 最新情報
引用URL:http://pokemongo-news.com/wp-content/uploads/2015/10/4.gif

④2015年12月3日:Niantic Labs日本法人設立(株式会社ナインアテック)
(会社URL:http://www.nianticlabs.com

⑤2015年12月18日:Niantic Labs CEOジョン・ハンケ氏のインタビュー掲載
(参考URL:http://jp.automaton.am/articles/newsjp/niantic-as-developer-of-pokemon-go-reveals-some-stories)
(原文URL:http://venturebeat.com/2015/12/16/how-niantic-will-marry-animated-characters-with-mobile-location-data-in-pokemon-go/view-all)

 

ここまでが現状、確認が出てきている『ポケモンGO』関連情報になります。

公式リリースされた情報や、インタビュー記事について少しずつ情報が出てきているようです。

ただ、ゲームの全体像がまだ見えて来ない状況ですね・・・

「Pokemon GO Plus」の新たな使い方がインタビューから判明!?

ジョン・ハンケ氏のインタビューにおいて、「Pokemon GO Plus」の使用方法に触れています。

どうやら「Pokemon GO Plus」は独立して作動するデバイスの可能性を示唆しています。

図2 「Pokemon GO Plus」の外観
ポケモンGO 最新情報
引用URL:http://jp.automaton.am/wp-content/uploads/2015/12/niantic-as-developer-of-pokemon-go-reveals-some-stories-001.jpg

2015年9月当初に発表された内容では、スマホと連動通信にて作動すると考えられました。

図3 発表当初のデバイス運用概念
ポケモンGO 最新情報
引用URL:http://xn--go-qh4aoh0a6h4475b390a.net/wp/wp-content/uploads/2015/09/7-500×294.jpg

 

しかし、12月のインタビュー記事を読み解くと、「Pokemon GO Plus」のみで外に出ても作動するようです。

 

※「Pokemon GO Plus」は『特定小電力無線機』として運用か?

インタビュー記事を読んでいると、ポケモンGO Plusの運用として一つの可能性が出てきました。

それは、『特定小電力無線機』として製造されるのではないかという技術的可能性です。

すでに、スマホとデバイスとの間は『ブルーストーム通信』にて行われます。

最初の発表時にデバイスの運用と電波の受信ををどのように行うのか疑問が残りました。

しかし、単独で持ち歩いて捕獲、後でスマホに送信することが可能のようです。

そのため『特定小電力無線機』となる可能性が高いと思われます。

『特定小電力無線機』:電波法に基づく、免許不要の無線機で任天堂3DSも該当

 

最新情報は海外発からのものが多くなる!!

今回の『ポケモンGO』開発元は元々アメリカ企業です。

情報発信は海外が先になる可能性が高いでしょう。

12月の開発元ジョン・ハンケ氏のインタビューを行ったサイトも海外メディアです。

任天堂からは今後あまり情報は出てこないと考えた方が良いでしょう。

そのため、海外サイトから情報収集を視野に入れていおいた方が良いかもしれません。

参考までに今後、『ポケモンGO』情報の参考になる海外サイトをご紹介します。
(ジョン・ハンケ氏のインタビューを行ったサイト)
URL:http://venturebeat.com

(海外からのゲーム情報を発信するサイト)
URL:http://jp.automaton.am
今後とも良い情報収集に努めましょう!

 

記事を最後までご覧頂きありがとうございます。

【期間限定】無料でコインを手に入れる裏ワザ

【期間限定】コインなど課金アイテムを無料で増やす裏技