ポケモンGOのデーターが米国CIAに渡る可能性は無いのか?

ポケモンgo 最新情報 きな臭い CIA




みなさまこんにちは!管理人のポケマニです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

 

『ちょっときな臭い投資家がポケモンGOに関与している・・・』

 

2016年2月27日のポケモン20周年に、『ポケモンGO』の話は出なかったですね。

その代り、開発元のナインアテック社に新たな投資先が登場しました。

「フジテレビ」が投資を行ったとの報道のその裏で報道されていない情報があります。

最新情報としてかなりきな臭い情報について検討してみます。

(2016年7月13日追記:修正前の英語原文を発見。掲載サイトリンク追加)

新たな投資提携の発表(2016年2月25日)

ナインアテック社は、新たに500万ドルの出資を受けると発表しました。

出資元は『フジテレビ』他米国の投資家たちです。

そのうち1名がナインアテック社の役員として参加するとの発表です。

発表元(ナインアテック社公式HP

『Welcoming Gilman Louie, David Jones, Fuji TV, Cyan & Scott Banister,
and Lucas Nealan to the Niantic Family』

公式声明が修正された?

私も、2月25日にこの公式HPにて新たな出資のニュースを見ました。

ただ、翌日になると、英文の文面が修正されていることに気づきました。

現在、会社のHP上に掲載されているのは修正後の文書です。

消えた『In-Q-Tel社』の文言

修正された文書について、どこが消えたかというと、『In-Q-Tel社』の部分です。

これは、重役となる「Gilman Louie」氏の経歴に触れた文面から消されています。

7月13日追記:修正前の文書を記載したサイトを発見致しました。)

URL:https://charingress.tokyo/5719

(ingressを中心に記事を書いているサイトです。)
修正前の英文と『In-Q-Tel社』の文字が入った紹介文が記載されています

 

米国CIAに関与していた「Gilman Louie」氏と『In-Q-Tel社』

最初に『In-Q-Tel社』の文面を見たときに思い出しました。

この会社、米国CIAが出資して設立された会社です。

図1 米国CIA本部(出資元に関与)
ポケモンgo 最新情報 きな臭い CIA
引用URL:http://blog-imgs-32-origin.fc2.com/h/e/n/henrryd6/cia.jpg

 

また、週刊アスキーにてこの会社のことが書かれた記事が去年出ています。
週刊アスキーによる記事

この中で出てくるのが「Gilman Louie」氏の名前です。

図2 「Gilman Louie」氏
ポケモンgo 最新情報 きな臭い CIA
引用URL:http://mms.businesswire.com/media/20150903005390/en/483991/4/Louie_SEP2015.jpg

現在、「Gilman Louie」氏は会社のCEOを退任しています。

しかし現状において、「Gilman Louie」氏と米国CIAの関係が途切れている証明はありません。

米国CIAより表彰され、国家に貢献したと称賛された人間が完全に手を切れるのか?

『ポケモンユーザー』という『アセット(資産)』は守れるのか?

現在でもポケモンは世界で大変人気になってます。

図3 ポケモン20年の系譜
ポケモンgo 最新情報 きな臭い CIA
引用URL:http://retrogame-newgame.tank.jp/wp-content/uploads/2015/09/pokerekisi.jpg

 

世界中にて多くのユーザーがいます。

そのため『ポケモンGO』についても、世界中にて使用されるでしょう。

しかし『ポケモンユーザー』はポケモンにとって一番大事な『アセット(資産)』です。

これが別の目的に使用されるとしたら?

 

情報機関にとって一番欲しいものは、『人の情報』です。

情報機関にとって『ポケモンユーザー』の情報は、『欲しいデーター』になるでしょう。

今回の出資により、米国CIAが合法的に情報を入手できる切っ掛けを作っています。

このことに対して、『任天堂』様はどのようにお考えでしょうか?

 

記事を最後までご覧頂きありがとうございます。

【期間限定】無料でコインを手に入れる裏ワザ

【期間限定】コインなど課金アイテムを無料で増やす裏技