【ポケモンGO】海外の反応を拾ってみたよ~!事件や事故も発生してる?

ポケモンgo 海外の反応




みなさまこんにちは!管理人のポケマニです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

 

『世界はポケモンGOで狂乱の時代だぜ!』

2016年7月に全世界話題のスマホゲーム「ポケモンGO」がリリースされてから、いろんな海外の反応が出てます。

中には相当おもろい事態になっているところもあって、特にアメリカでは本当に狂乱の事態と化しています!

今日はそんな「ポケモンGO」について海外の反応を見てみましょう。

 

ポケモンがなんでそんなところに出るの!?

2016年7月6日以降、各国で「ポケモンGO」がリリースが順次開始され始めました。

現状で、7月17日までに26ヶ国でリリースが開始となっています。

図1 7月17日までのリリース国
ポケモンgo 海外の反応
引用URL:http://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/f/a/fa387df8.jpg

欧米が中心となってリリースがされています。

そのほか、まだリリースされていない国でも、英語圏のアプリをインストールできるようです。

そのため、いろんなとんでもないところでモンスターが出現しています!

『警備員を呼んでくれ!』

イスラエル大統領の執務室に登場したようです。

図2 執務室に登場!!
ポケモンgo 海外の反応
引用URL:https://pbs.twimg.com/media/CnQMf09XEAAkytV.jpg

oh・・・まさかこんな所に登場するとは・・・

『ゼニガメがここで出たぜ!』

ISILと戦っている、「ペシュルメガ」(クルド人部隊)の『義勇兵』アメリカ人が撮影

図3 機関銃の横にゼニガメ!!
ポケモンgo 海外の反応
引用URL:http://blog-imgs-92.fc2.com/x/x/x/xxxkikimimixxx/5bbe1bf261ff0c532783a94d08b0858450457d651468295015.jpg

こんなところに出なくても・・・

ホントに各地で出現しているようです。

長年の問題の解決突破口になってくるかも!?

アメリカでの「肥満問題」に対する回答が「ポケモンGO」と話題になってます。

図4 ミシェルプランが解決?!
ポケモンgo 海外の反応
引用URL:http://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/5/5/55eec32d.jpg

ミシェル・オバマ(オバマ大統領夫人)が取り組んできた「肥満解消」問題が解決した!との声がアメリカで拡がっているようです。

5年間、アメリカ人の「肥満問題」について、ミシェル・オバマが呼びかけをしていました。

しかし、「ポケモンGO」がリリースされたことで、ポケモン探しでみんなが歩くことに。

併せて、アメリカ人が「メートル法」を理解し始めたようです。(アメリカの距離単位系は「ヤード法」)まさに思ってもみなかった、問題解消方法となっているようです。

また、治安維持の問題について、警察と市民の間の距離も近くなったとのこと。

ニューヨークセントラルパークでの様子

コミュニケーションツールとしても使えるようになるかもしれません。

ポケモンゴーが原因の事件や事故も・・・。

むろん、問題も発生しています。

ポケモンGOに夢中になったあまり、負傷や事故なども発生しています。

ボスニアではこんなことが発生して注意喚起がされています。

図5 『地雷原に入るな!!』
ポケモンgo 海外の反応
引用URL:http://kaigai-matome.net/wp-content/uploads/2016/07/img1469002212.jpeg

ボスニア内戦時に敷設された「地雷原」に入るユーザーが出たとの報道も。

使い方によっては、危険にもなるので、十分留意をして使用してほしいところです。

また内閣府内閣サイバーセキュリティセンターから、異例の注意喚起が出ています。

図6 NISCからの呼びかけ
ポケモンgo 海外の反応
引用URL:https://twitter.com/nisc_forecast/status/755720522546106369

みなさんも注意してポケモンGOで遊びましょう!!

記事を最後までご覧頂きありがとうございます。

 

【期間限定】無料でコインを手に入れる裏ワザ

【期間限定】コインなど課金アイテムを無料で増やす裏技