ポケモンGOの課金アイテムは『コイン』か?特許から緊急判明したぞ!

ポケモンGO 課金




みなさまこんにちは!管理人のポケマニです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

 

『ついにポケモンGOの課金アイテムが判明か!?』

 

ポケモンGOの発表以来、いろんな情報が飛び交っております。

その中で特に注目されていることで課金アイテム』に関することです。

これがどんなアイテムになるのか注目が集まっていました。

重課金が有利になるようなシステムとしないと宣言した結果はどうなった!

任天堂の特許公開から判明した最新情報!

つい最近、2015年12月14日に、任天堂が出願していた特許が公開されました。

この中で、新たな電子マネーのチャージに関係する記述的特許があることを見つけました。

公示された情報

【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】公開特許公報(A)
【公開番号】特開2015-225594(P2015-225594A)
【公開日】2015年12月14日
【発明の名称】情報処理システム、情報処理装置、プログラム及び電子マネーのチャージ方法
【国際特許分類】
G06Q 20/06 20120101AFI20151117BHJP
G06Q 30/02 20120101ALI20151117BHJP
【FI】
G06Q20/06 110
G06Q30/02 140
【審査請求】未請求
【請求項の数】18
【出願形態】OL
【全頁数】16
【出願番号】特願2014-111420(P2014-111420)
【出願日】2014年5月29日
【出願人】
【識別番号】000233778
【氏名又は名称】任天堂株式会社

参考URL:http://ipforce.jp/patent-jp-A-2015-225594

 

この中において、ゲームを行うために、電子マネーをチャージさせる動機づけの発明となっています。

システムの概要は、インターネットを介するようです。

図1 特許の概要図
ポケモンGO 課金
引用URL:http://ipforce.jp/Kouhou/img?n=2015225594.tif&id=000003&c=A&t=1957545502

 

この特許公開の処理シーケンスを見ていくと、『仮想コイン』という概念が出てきます。

どうやら、電子マネーのチャージにて『仮想コイン』がゲーム内に出現するようです。

図2 処理シーケンス(特許公開図より)
ポケモンGO 課金
引用URL:http://ipforce.jp/Kouhou/img?n=2015225594.tif&id=000009&c=A&t=1957545502

仮想コインの購入及びミニゲームにて特典付与か?

特許の内容を読み解くと、電子マネーによるチャージでコインを購入することが目的です。

おそらくこれが、ポケモンGOでの『課金要素』になるでしよう!

また、併せて『ミニゲーム』という概念もでています。

この『ミニゲーム』をクリアすると『特典』を付与するような処理になっています。

また、特徴として『ミニゲーム』をしなくてもそのままゲームに入れる模様です。

図3 ゲーム処理のブロック図
ポケモンGO 課金
引用URL:http://ipforce.jp/Kouhou/img?n=2015225594.tif&id=000008&c=A&t=1957545502

 

この課金システムについて、2015年12月2日から3DSにて配信されているゲームがあります。

『ポケモンピクロス』です。

このゲームは、課金に上限を設け、直接強くなるアイテムには課金されていません。

おそらくは、この『ポケモンピクロス』の課金システムを踏襲するものと推測します。

任天堂やポケモン電子ショップ広告配信で、利益確保か?

課金の上限を設けた形で、課金アイテム『コイン』が『ポケモンGO』に登場すると思われます。

ただ、利益確保の手段も特許の記述に存在していました。

(特許文書より原文のまま)

『通知手段16は、eショップで購入可能な商品やサービスの広告を残高に応じて通知してもよい。
例えば、通知手段16は、eショップにおけるユーザの残高が所定の金額未満の場合には
広告を表示せず、
当該残高が所定の金額以上の場合に広告を表示するようにしてもよい。
あるいは、通知手段16は、通知する広告を残高に応じて異ならせてもよい。』

 

この記述から想定されるのは、課金した場合に「電子広告」の配信利益で確保を行う形式です。

任天堂やポケモンの公式サイトで購入できる商品の広告が配信されるのではないでしょうか?

現状としては、特許から読み取れる項目はまだまだ多いと考えています。

今回、この特許が『ポケモンGO』に関連すると考えた理由としては、

  • ゲーム機器の図がなかったこと。
  • 国際特許も同時に出願されている。

任天堂が特許を出すとき、3DSなどのゲーム機器のモデルを表示します。

今回はそのゲーム機器図面がないことから、『ポケモンGO』用の特許と判断しました。

まだまだ不明な点も多いですが、目が離せませんよ~!

 

記事を最後までご覧頂きありがとうございます。

【期間限定】無料でコインを手に入れる裏ワザ

【期間限定】コインなど課金アイテムを無料で増やす裏技